バルク貯槽

検査

バルク貯槽は製造後20年、20年以降は5年を周期として検査を行う必要があります。 安全弁は5年ごとに交換が必要です。

耐圧

耐圧検査

くず化処理

バルク貯槽は容器と異なり20年経過すると供給できなくなります。

不要になったバルク貯槽を安全に廃棄します。

廃棄の際にはKHKに合格証を返納する必要があります。


バルク貯槽水置換

バルク貯槽廃棄

バルク貯槽廃棄